画像認証システムにも活用されている最新技術

ディープ ラーニングの中でも多くの事例で活躍していると言われているのが畳み込みニューラルネットワークです。
こちらは畳み込み層とプーリング層と呼ばれているレイヤーを使っていることが特徴となっています。
複数の層を通じて対象となるデータの特徴を各層で個別に処理し、その特徴量を決定づけるというプロセスを使って分析をしているのです。

この畳み込みニューラルネットワークが活躍しているのは、画像認識の現場においてです。
画像認識技術は様々な技術へと応用出来るため、注目されている分野のひとつとなっています。
そのため、映像分析や顔認証において活躍しているのが畳み込みニューラルネットワークとなっているのです。

しかし、画像認識技術というのは昔からありました。
どのような部分が違うのでしょうか。
それは、その画像から特徴抽出をした後、意思決定ができるという点です。
従来の画像認識では正解の画像を用意して正しいか間違いかを判断するものでしたが、畳み込みニューラルネットワークにおいては画像の特徴から正誤判定を行います。
そのため、写真と人物が違っていても、その特徴から同一人物か否かを判断出来るため、画像認証の制度を数段高めたのです。